がん予防

   ・定期健康診断の推進
   ・がん検診の推進
   ・がん発症リスク検査の推進
   ・がんリスク遺伝子検査の推進
   ・がん予防のための研修会 講演会の開催

外国人がん患者の受入の推進

   ・医療ツーリズムの推進
   ・医療機関とのコーディネート
   ・外国人への日本の医療の紹介
   ・外国人への日本の医療機関でのマナー研修
   ・医療通訳者の育成・紹介

がん予防医療の推進

 日本人に2人に1人が「がん」に罹患し、3人が1人が「がん」が亡くなる時代。
 「がん」は生活習慣病から国民病といわれるようになりました。
 「がん」早期発見であるほど治療成績は良好です。
 しかしながら死亡原因の第一位が「がん」であり、働き盛り世代の「がん」罹患者が男女とも年々増加しています。
 重要なのは「がん」は、生活習慣である程度予防できるということです。
 早期に発見できれば「がん」治すことができるとことです。
 そのためにも御自身の今のがん発症リスクを確認しておくことが大切で、リスクが高い場合は、がんの専門検診を受けることをお勧めします。
 「がん」に罹患していた場合は早期に発見し、早期に治療をすることができます。
 「がん」に罹患していない場合でも、発症リスクが高いことに違いはありませんので、日々の生活習慣を見直すきっかけに出来ます。

がんリス検査とは

  (1)尿によるがんリスク検査
   がん細胞の特徴によるポルフィリンが尿中に存在するかどうかを調べる検査。
 ポルフィリン物質はブルーライトで赤く光る性質がありがん組織の判別にも利用できることが分かっておりすでに一部の手術で臨床応用されています。

  (2)遺伝子検査によるがんリスク判定
   細胞内遺伝子が傷つき異常スイッチが入ることで
   正常細胞にアポトーシスをせずがん細胞に変化していきます。どこの部位のリスクが高いのかまでわかります。

(1)は費用的に安価ですが(2)は高額な検査になります。



 

 MENU