ピンクストリングスキャンペーンとは

ピンクストリングスは、乳がんの「早期発見」「早期治療」よりももっと手前の「乳がん予防」に力を入れることにより、多くの女性の健康や国の医療費削減に貢献することが目的のNPO活動です。 「ACTION!」をテーマとし、一人一人が行動することで人と人が繋がり、キャンペーンを広げることで、乳がんと向き合う女性への選択肢を増やし、医療に貢献することを目標としています。













ピンクストリングスのテーマ

ピンクストリングスキャンペーンは、「行動」する事をテーマとし、「繋がること」「広げること」を目指して活動しています。少しでも多くの人に知ってもらうために、乳がんについて、「知りたい」「気になる」と思った方、友人に教えたいと思った方、親に、子供に、伝えたいと思った方など・・・。この繋がりを広めていただければと思います。



乳がんとは

乳がん死亡者数は増加の一途をたどっています。2000年には、9,248人が亡くなりました。(1955年の約6倍)発病された方の30%が、死亡されています。(とはいっても、乳がんは甲状腺がんと並びもっとも予後の良いがんなのです)乳がんによる死亡率は日本のみが上昇傾向です。乳がん先進国、アメリカ・イギリスではマンモグラフィー検診の普及や啓蒙運動により1995年から死亡率は、減少傾向です。
1996年には、日本女性の悪性腫瘍罹患率で第一位になりました。
国内では1/16の確率、海外は1/8の確率で発症し、日本では16人に1人が、乳がんになることを意味します。

 

 MENU

ピンクストリングスキャンペーン